日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費社会白書2015
クラス消費時代のビルドアップアプローチ
消費マインドは底堅い。しかし、その揺れ幅は大きい。
消費の揺れが大きくなっているのは、消費者の商品サービスへの価値期待の分布が拡大していることにある。これは、多くの市場で、超高価格帯と激安価格帯が堅調で、中低価格帯が失速していることにみられる。
「クラス消費」(階層)が生まれているのである。
クラス消費の市場でシェアを獲得する鍵は、顧客を捉え直して多属性によるセグメントを積み上げ、市場をくくり直し、ターゲットにどのように統合的なアプローチをするかにある。このような顧客セグメントをベースにしたビルドアップマーケティングが求められている。


消費社会白書2015 「クラス消費時代のビルドアップアプローチ」
構成
 序章 ゆらぐ消費のゆくえ
 第1章 価値観の生活保守化と社会関係の再構築
     (一部公開中)
 第2章 消費の階層化と新しい消費リーダー
 第3章 進む消費のステージアップ
     (一部公開中)
 第4章 商品選択の二元化へのアプローチ
 第5章 プレミアム価値づくりのチャンス
 第6章 多重ネットワークの説得アプローチ
 第7章 ユビキタスチャネルへの対応
 構成詳細はこちら
 「消費社会白書2015」30のポイント
 (本書の主要な結果を30のポイントに要約)
 発行:2014年12月 版形:A4版カラー 定価:10,000円(9,260円+税)

お申込みはこちら


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.