日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費社会白書2015
  クラス消費時代のビルドアップアプローチ 章構成
巻頭言:揺らぐ消費への先手─高価値期待層(SWTP)を狙え
POINT
序章 ゆらぐ消費のゆくえ
第1部 マーケットの現在とこれから
 第1章 価値観の生活保守化と社会関係の再構築
  【1】2014年の価値観
  【2】保守化する価値観
  【3】「私化」する個人
  【4】ネットワークに求める相互扶助の関係
 第2章 消費の階層化と新しい消費リーダー
  【1】底堅い支出意欲
  【2】階層化によって分かれる支出意欲
  【3】マイクロセグメントの消費リーダー
 第3章 進む消費のステージアップ
  【1】堅実消費の退潮とまなざし消費の台頭
  【2】消費リーダーが牽引するトレーディングアップ消費
  【3】階層化がもたらすこれからの贅沢
第2部 マーケティングアプローチ 10の消費リーダーとの接点
 第4章 商品選択の二元化へのアプローチ
  【1】ビール、化粧品市場の構造
  【2】テール商品の購入とその背景
  【3】テールへの潜在的なニーズ
 第5章 プレミアム価値づくりのチャンス
  【1】階層化で拡がるプレミアム商品のチャンス
  【2】プレミアム商品が生み出す市場の拡大余地
  【3】プレミアム商品に求められる品質差別化
 第6章 多重ネットワークの説得アプローチ
  【1】消費に影響する口コミ情報
  【2】相互扶助の関係を通して流れる商品情報
  【3】商品話題拡散の背景
 第7章 ユビキタスチャネルへの対応
  【1】階層によって使い分けられるチャネル
  【2】ネット介入による購買プロセスの多様化
  【3】情報性と嗜好性で異なるネット化の浸透度と上限
  【コラム】若い年代、書籍や雑誌が強いスマートフォンでの購買
  【コラム】来店動機としてリアルより強いO2O
補遺
  【1】調査設計
  【2】各章の補遺
  図表索引
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.