日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費社会白書2010
  「ひらく世代格差 強まるスマート消費」構成
要約
消費・生活を捉える基本フレーム
『消費社会白書2010』に寄せて
第1章 消費マインドの低迷と見えてきた世代格差
  (1)消費の低迷と強まる価格志向
  (2)来期の消費を占う収入見通しと支出意欲
  (3)収入格差の背景にある世代格差
第2章 日本人の心理とアイデンティティ
  (1)心理発達段階のモデル
  (2)心理発達段階の世代特徴
  (3)ゆらぐアイデンティティ
  特別寄稿:Japan's Capitalist Consumerism
-- A Love Story Comes to an End
第3章 強まる「乱世」の価値意識と日本的成熟
  (1)弱まる「自己実現」志向、強まる「他者依存」と「自由享楽」志向
  (2)一般的平均的な価値意識は、生活目線の「伝統保守」
  (3)際立つ世代間の価値意識の対照性と日本人の成熟
  コラム:7つの世代の性格分析
第4章 強まるスマート消費
  (1)消費意識における世代格差
  (2)伸びるスマート消費スタイル
  (3)消費タイプによって変わる選択基準
  (4)ヒット商品にみるスマート消費
第5章 多層化する生活構造
  (1)分かれる時間の使い方
  (2)時間の使い方と居住環境が創る生活構造
  (3)生活構造がもたらす多様な購買行動
第6章 買い物の拡散と集中 -チャネルの興亡-
  (1)変わる買い物
  (2)変わる立地選択
  (3)卒業される業態型組織小売業
  (4)伸びるネットチャネル
  (5)人が集まるところに集中する購買
調査設計
図表索引
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.