日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


A4版 本文75ページ
価格 本体934円+税
 2007年に入り、設備投資には若干失速感が見られ始めているものの、外需の安定と消費の堅調な拡大に支えられて、日本経済は息の長い好景気が続いています。
 日本経済をめぐる今後の情勢については、海外景気動向、特に米国経済の動向につき若干懸念される材料はあるものの、目下の好況は内需主導でこのまま続くというのが、現時点での大勢の見方です。2006年11月のいざなぎ越え以降、2007年5月22日現在まで、政府による判断は景気回復基調を保っています。気の早い一部のエコノミストからは軽微なリセッション予想がちらほら出始めているものの、景気の先行きに対し世間では楽観的な空気が支配的のようです。

 2007年度の日本経済の底流で生起しつつある変化の予兆を捉えて、一歩先を見据えた戦略的判断と行動の一助となることを企図して、「消費経済レビュー」第6号を発刊いたします。

 第I部では、主に2006年4月以降の経済情勢を整理し、2007年度以降の日本経済を読む鍵を提示します。
 第II部では、弊社モニター調査結果をもとに「納豆」騒動をめぐる情報伝達の実態を概観し、情報の伝達パターンについて「情報ネットワーク」という観点から検討を加えるとともに、「情報ネットワーク」を活用したマーケティング・アプローチの鍵を示します。
 第III部では、実証分析として、マイレージを始めとして世間に広く普及浸透しているポイントカードにスポットを当て、消費者によるポイントと現金の効用評価の違いを明らかにするために、ポイントの効用関数の推計を試みています。

 2007年初夏、来るべき長く暑き戦いに向けて次なる一手を模索する、実務家のみなさまにお届けいたします。

「消費経済レビュー」販売開始

「消費経済レビュー Vol.6 2007年6月号」の書店販売を開始いたしました。全国の政府刊行物サービスセンターもしくは、当社サイトの「JMR Books」にてお求めください。

 I.Economic Outlook for Japan【要旨】一般公開
 II.「納豆」騒動のネットワーク分析【要旨】一般公開
 III.ポイントか現金割引か-ポイント・システムの実証分析【要旨】一般公開

消費経済レビューの本文は、プレミアム会員をご利用ください。
消費経済レビューは、プレミアム会員限定コンテンツとなっています。
プレミアム会員は、当社メンバーシップサービスの全てのコンテンツに加えて、
「情報家電産業のリバイバル戦略 -エンド価値志向の多層化戦略-」ほか、
当社のオリジナル研究レポートのご利用が可能なプレミアムサービスです。
この機会に是非プレミアム会員へのご入会をご検討ください。

 消費経済レビュー Vol.6 2007年6月
I.Economic Outlook for Japan
 【要旨】
I.Economic Outlook for Japan
1.日本の景気の現状
2.2007年度の経済と消費の見通し



II.「納豆」騒動のネットワーク分析
 【要旨】
1.「発掘!あるある大事典Ⅱ」における「納豆」騒動
2.「ダイエット効果」放映後の情報伝達の実態
3.「捏造」報道後の情報伝達の実態
4.購買行動に影響を与えた「納豆」騒動
5.「納豆」騒動が伝えたかったこと



III.ポイントか現金割引か-ポイント・システムの実証分析
 【要旨】
1.はじめに
2.ポイントと現金の効用評価:基本的な考え
3.先行研究
4.ポイント効用関数の推計
5.考察
6.結語



【補遺1】絶対的危険回避度並びに相対的危険回避度が金額の上昇とともに低下する関数とは?
【補遺2】推計の基となるデータで用いた質問内容の詳細

データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.