保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ポイントカードシステム利用実態調査
タイトル 発行日 ダウンロード
ポイントカードシステム利用実態調査 2007年3月 ◆ PDFファイル(437KB)
 所有率91%、所有枚数8.5枚。流通企業や航空会社などが発行するポイントカードは人々の生活に深く浸透する一方で、企業にとっては顧客の固定化に有効な手段となっている。ユーザーのポイントカードの満足度と期待ニーズを探るオリジナル研究レポート。
●構成●
■調査設計
1.ポイントカードの浸透
(1)ポイントカードの所有と発行ポイント額
(2)所有ポイントカード
(3)ポイントカード利用理由
2.ポイントカードの満足度とその形成要因
(1)ポイントカード発行の効果
(2)最頻利用ポイントカード満足度
(3)高い満足度を形成している最頻利用ポイントカードの個別項目満足度
(4)最頻利用ポイントカードの満足度形成要因
3.ポイントカードシステム期待の高度化
(1)ポイントカードシステムに対する期待
(2)4つのポイントカードシステム期待
(3)期待充足度
4.ポイントカードの効用
(1)ポイントカードと現金割引カードの効用値比較
(2)ポイントカードの効用を上げる3つの要素
5.ポイントカードの交換ニーズ・オープン化ニーズ対応に向けた補完関係
(1)ポイントを使いたい場所
(2)もらえたらうれしいもの


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.