日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

今月の新着情報を掲載しています。

 2015年5月
MON TUE WED THU FRI SAT SUN




















1

2

3

4

5

6

7

データ・事実
客単価8ヶ月連続のプラスも、売上高、利用客数ともにマイナス幅拡大。3月の「ファーストフード売上高」 / 客単価は37ヶ月連続、売上高も23ヶ月連続のプラスとなった、3月の「ファミリーレストラン売上高」
コンテンツアクセスランキング(2015年4月)
8

消費からみた景気指標
消費増税の反動減などで小売は軒並み前年割れ。主要14項目中9項目が前年同月比マイナスに / 会員サービス用完全版
9

10




11

企業活動分析
「ディズニー」30周年施策で、売上高、営業利益ともに過去最高を達成した「オリエンタルランド」
データ・事実
3月の「完全失業率」は改善、「有効求人倍率」は横ばい。雇用情勢の好環境続く
12

データ・事実
消費増税の反動減から持ち直し、13ヶ月ぶりのプラス。3月の「新設住宅着工戸数」
13

消費者調査
ビール系飲料(2015年5月版)
プレミアムモルツ、スーパードライ、金麦......大型ブランドの競り合い続く

データ・事実
可処分所得は20ヶ月連続、実収入は18ヶ月連続のマイナス。3月の「家計収入」 / 消費支出は12ヶ月連続前年割れ。3月の「消費支出」
14

戦略ケース
IBM ハード・ソフト・サービス垂直統合モデルの苦戦と模索
15

企業活動分析
国際事業が大きく伸長し、売上高・営業利益ともに過去最高を達成した「ミスミグループ本社」
16

17




18

データ・事実
軽自動車税増税で軽乗用車のマイナス幅拡大。全体では4ヶ月連続の前年割れ。4月の「乗用車販売台数」
19

データ・事実
全国は3ヶ月連続、地域別でも10ブロックすべてで50ポイントを上回った、4月の「地域別DI現状判断」 / 全国、地域別全10ブロックともに3ヶ月連続で50ポイントを上回った、4月の「地域別DI先行き判断」
20

JMRからの提案
変わる家族と駅の役割
21

企業活動分析
海外販売好調で増収増益の「東洋製罐グループホールディングス」
データ・事実
給与は前年並み、労働時間は2ヶ月連続の前年割れ。3月の「現金給与総額と所定外労働時間」
22

データ・事実
卸売業、小売業ともにマイナス幅拡大。商業全体で5ヶ月連続のマイナスに。3月の「商業動態統計調査」
23

24




25

消費者調査
ヨーグルト(2015年5月版)
明治ブルガリア、ナチュレ恵、ロングセラー堅調で成長続くヨーグルト市場

データ・事実
昨年の消費増税による大幅減の反動で二桁のプラス。4月の「全国百貨店売上高」 / 消費増税による落ち込みの反動で、既存店は13ヶ月ぶりのプラス。4月の「チェーンストア売上高」 / 夏物商材の好調や消費税増税による落ち込みの反動で、既存店ベースで13ヶ月ぶりのプラス、4月の「コンビニエンスストア売上高」
26

企業活動分析
レンタカーサービスの収益基盤拡大などで過去最高益を達成した「パーク24」
データ・事実
4媒体はマイナスも、ネット広告に支えられ全体ではプラスに。3月の「広告売上高」
27

企業活動分析
売上堅調も、円安影響などで2期連続の減益となった「丸大食品」
データ・事実
客単価9ヶ月連続のプラスも、売上高、利用客数ともにマイナス続く。4月の「ファーストフード売上高」 / 客単価は38ヶ月連続、売上高も24ヶ月連続のプラスとなった、4月の「ファミリーレストラン売上高」
28

データ・事実
数量、金額ともに前年割れ続く、3月の「デスクトップパソコンの生産」 / 数量、金額ともに10ヶ月連続のマイナス。3月の「ノートパソコンの生産」 / 数量、金額ともに再びマイナスへ転じた、3月の「デジタルコンパクトカメラの生産」 / 数量・金額ともにマイナス、9ヶ月連続の前年割れ。3月の「デジタル一眼レフカメラの生産」 / 数量ベースで2ヶ月連続、金額ベースでは3ヶ月連続のマイナスに。3月の「薄型テレビの生産」
29

「食」のマンスリー・ニュースレター
高収入層が積極投資するダイエット
データ・事実
訪日客好調も海外旅行が二桁のマイナス、全体では7ヶ月ぶりのマイナスとなった、3月の「旅行業者取扱高」
30

31






データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.