眼のつけどころ

2017年の消費動向
-読み間違えた「トランプ・ショック」の行方?

2016.12 代表 松田久一

読み間違えた

 「トランプ・ショック」の読み方を間違えた。先月の「眼のつけどころ 『トランプ・ショック』の行方」で、日本は、「円高・株安」になると書いたが、逆に、「円安・株高」となった。ふだん、エコノミストなどというものは「風が吹けば桶屋が儲かる」式のいい加減な論理だと批判している本人が、為替や株価を予想したことが「天に唾する」行為だった。あえて、予想したのは、2017年の消費の動向に影響を与えると感じたからだ。

 なぜ、間違えたのか。2017年の消費はどうなるのか。自らの再予想と、現場のマーケターが踏まえておくべきいくつかの点を整理したい。