Ⅰ. 消費社会をどう読むか

3.時代の流れを読む

鉄道と駅の誕生とマーケティング

2015.04 代表 松田久一

本コンテンツは、「JRガゼット」(交通新聞社)2015年4月号に掲載されたものです。

大衆市場を生んだ鉄道と駅

 現代の日本の消費社会、つまり、大衆消費市場の誕生に決定的な影響を与えたものは鉄道と駅である。百貨店、駅前商店街などの小売産業、これらの小売産業に消費財を供給する商社などの卸売業や製造業、新聞などのメディア産業、宣伝広告などあらゆる消費財産業の生みの親である。何よりも、消費市場の主役である中流家庭のライフスタイルそのものをつくりあげた。
 まずは、鉄道と駅が現代の生活スタイルをどうつくりあげたのか、その歴史を少し紐解いてみる。