日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
アクセス解析とは






アクセス解析とは

 アクセス解析とは、自社のWEBサイトを改善するため、サイト訪問者の行動を分析することです。アクセス解析を通して課題を洗い出し、サイトにおける目標の達成率(コンバージョン)を最大化することが目的となります。例えば商品やサービスの紹介サイトであれば顧客からの資料請求や問い合わせ、情報提供サイトなら会員の獲得、ECサイトなら商品の購入がコンバージョンということになります。


アクセス解析でわかること

 一般的に、アクセス解析ツールを使って以下のような指標を確認することができます。

  • ページビュー(閲覧回数)
  • ユニークユーザー数(訪問者数)
  • セッション数(ユーザーの訪問回数)
  • 直帰率
  • 離脱率
  • 平均滞在時間
  • 訪問時間帯
  • コンバージョン率
  • 流入元
  • デバイスやOS、ブラウザ等

 これらを組み合わせ、コンバージョンに寄与しているコンテンツや直帰率の高いコンテンツを把握し、ウェブサイトの改善につなげていくことです。


Googleアナリティクスの例



アクセス解析ツール

 無料で使えるツールとしては、「Googleアナリティクス」や「Yahoo!アクセス解析」といったものがあります。中でもGoogleアナリティクスは日本の上場企業の83%で導入されており(2017年8月現在、DataSign調べ)、アクセス解析ツールのスタンダートといえるでしょう。単体でも十分に高機能ですが、Google Search Consoleと連携することで、WEBサイトの問題点や流入ワードなどが把握でき、SEO対策に活かすことができます。

 また、「AIアナリスト」のようにGoogleアナリティクスと連携し、自動的にアクセスログを分析、改善提案してくれるサービスも登場しています。



おすすめ新着記事

消費者調査データ 炭酸飲料(2018年6月版)<br>無糖炭酸水がリピート意向上位に
消費者調査データ 炭酸飲料(2018年6月版)
無糖炭酸水がリピート意向上位に

2017年の炭酸飲料の生産量は、過去最高を記録した。今回の調査では、「コカ・コーラ」が再購入意向をのぞく6項目で首位を獲得、ブランドの強さを見せつけた。一方でユーザーロイヤリティの指標である再購入意向では、「トップバリュ炭酸水」「ウィルキンソン タンサン」をはじめとした無糖炭酸水が上位にランクイン。健康志向を背景に飲用シーンも広がってきている。

ビール系飲料(2018年6月版)<br>定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール
ビール系飲料(2018年6月版)
定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール

ビール類の出荷量減少が続いている。2017年は1992年以降で過去最低を更新するなど、厳しい市場環境の中でも各社、個性的な商品を投入してしのぎを削っている。今回の調査では、全項目で「アサヒ スーパードライ」が首位を獲得するなど圧倒的なブランド力を見せつけた。再購入意向では「よなよなエール」も上位に食い込んでいる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>試し飲みされるストロングビール<br>味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
試し飲みされるストロングビール
味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵

2017年のサントリー「頂(いただき)」発売以後、各社が相次いで新製品を投入しているストロング系ビール。今回はストロング系ビールについて、どういった人たちが、どういった理由で、どのようなシーンで飲用しているのか調査した。






マーケティング用語集

データでわかる辛口性格診断
マーケティングモニターのご案内
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.