日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
ADSL:Asymmetric Digital Subscriber Line
1.高速デジタル回線
 「加入者線」と呼ばれる従来の電話回線(メタルケーブル)を利用するが、音声電話に使用しない高い周波数を専用のモデム経由で高速なデータ伝送を可能にしたデジタル技術(xDSL)のひとつです。ADSLは、xDSL技術のうち現在もっとも普及している方式で、データ伝送の向き(ユーザーから見て発信の「上り」と受信の「下り」)の速度の違いが「非対称(Asymmetric)」になります。1対の加入者線で最大上り512kbps、下り8Mbpsの速度で通信が可能とされています。xDSLにはほかにも、複数対の加入者線を使う「HDSL」や、ADSLの超高速版の「VDSL」などがあります。

2.ブロードバンドの主流回線へ
2001年の日本はADSLの普及が加速し「ブロードバンド元年」と呼ばれましたが、日本はADSLの普及でアメリカと韓国に大きく遅れをとりました。その理由は、国内で市内ケーブルを独占するNTTがISDNサービスを積極的に推進してきたからです。ISDN線とADSL線は敷設ケーブル束内で周波数が大きく干渉し合うために共存が難しく、NTTはADSLへのシフトを躊躇し、より高速の次世代回線「光ファイバー(FTTH)」計画を推進してきました。
 しかしISDNとの干渉を避けるG.liteの「Annex C」という国内仕様が勧告され、またNTTがメタルケーブル(ドライカッパー)を開放するにつれ、ADSLサービス事業者が徐々にADSLサービスを本格的に提供するようになり、現在はNTT自体も、サービスの提供を開始してインターネット接続回線の約半数を占めるまでに至っています。






「ADSL:Asymmetric Digital Subscriber Line」に関する用語

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.