日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
グローカル企業




グローカルとは

 グローカル(Glocal)とは、グローバル(Global:地球規模の、世界規模の)とローカル(Local:地方の、地域的な)を掛け合わせた造語で、「地球規模の視野で考え、地域視点で行動する(Think globally, act locally)」という考え方です。グローバル化とローカル化を同時並行的に進めて、現地化しなければならないという日本企業の海外戦略の理念・ポリシーとして1980年代に発祥し、現在では世界的に環境問題、地域開発、政治、経済といったあらゆる分野で用いられています。


グローカル企業とは

 グローカル企業とは文字通り「グローバル×ローカル」を実践している企業であり、地域に根ざした世界企業ということができます。

 具体的には、主に以下のような企業を指します。

  1. 国際的に事業を展開する大企業で、地域別の特性に合わせて設立した現地法人を有する企業
    本社はグローバル戦略と同時に、各国や各地域の言語、文化、法制度などに対応した戦略を持ちます。
  2. 国際的に事業を展開する地方の中小企業
    大都市ではなく地方に本社を持つ企業で、世界的水準で事業を展開しながらも、地域密着性が高いことが特徴です。


代表的なグローカル企業

 グローカル企業の代表例といえば、小売業や大手ファーストフード企業があげられます。小売業のイオンは2000年代初頭にグローカル企業を標榜し、その経営方針でも「グローバルレベルで通用する経営水準と地域に根ざしたベストローカル、その双方を高いレベルで実現する企業」を目指すとしていました。

 ケンタッキーフライドチキンマクドナルドは本社はアメリカで、展開している基本メニューに大きな違いはありませんが、味やサイズなどは地域に合わせて変えています。

 家具・雑貨を中心に世界展開しているスウェーデンのIKEAもグローカル企業と言えます。IKEAが最初に日本に出店したのは1970年代ですが、欧米向け商品をそのまま展開してうまくいかず、撤退しています。2006年の日本再出店に当たっては、失敗を活かして日本市場について詳しく分析することから始め、本社内に日本の間取りを取り入れて販売する商品のサイズ・仕様を決定したと言われています(戦略ケース「イケア出店攻勢戦略の勝算~4/10立川店オープンと今後の出店拡大(2014年)」参照)。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ <br>エナジードリンク(2018年5月版)  モンスター、レッドブル、リアルゴールド 寡占化すすむエナジードリンク市場
消費者調査データ
エナジードリンク(2018年5月版)  モンスター、レッドブル、リアルゴールド 寡占化すすむエナジードリンク市場

エナジードリンク市場は、2007年からの10年でおよそ34倍に拡大したものの、近年はその成長は鈍化しているとみられる。今回の調査では、「リアルゴールド」「レッドブル」「モンスターエナジー」がほとんどの項目でトップ3を独占した。ユーザー層は特定の属性に偏ってはいるが、リピート意向率は高い。世界的には今後も拡大は続くと見られ、新規参入ブランドが上位ブランドに食い込めるかに注目が集まる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>伸びるコンビニスイーツ ―牽引役は管理職と男性バブル後世代
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
伸びるコンビニスイーツ ―牽引役は管理職と男性バブル後世代

いまや完全に定着したといってもいいコンビニスイーツ。一体誰が、どの程度、どんな理由で買っているのか。性別や世代、職業といった基本属性から、コンビニスイーツのメイン購入層を探る。さらに、コンビニと他の販売チャネルとの購入理由の違いについても触れてみたい。

消費者調査データ 飲むヨーグルト・乳酸菌飲料(2018年4月版)<br>強いロングセラー、固定ファンつかむ機能訴求型商品
消費者調査データ 飲むヨーグルト・乳酸菌飲料(2018年4月版)
強いロングセラー、固定ファンつかむ機能訴求型商品

花粉症への効果が報じられたことも記憶に新しいヨーグルト。今回の調査では、ロングセラーブランドが多くの項目で上位を独占した一方、ロイヤリティの指標である再購入意向では機能性を訴求した商品や特保が上位にランクインしている。






マーケティング用語集

データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.