日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
組織小売業への標準販売活動
1.バイヤーの役割
 組織小売業への販売活動で重要となるのは、バイヤーとの商談です。バイヤーとは、商品戦略の責任者、つまり「商品を媒介として、店の方向性を具体化する」責任者です。

2.メーカーとバイヤーの観点の違い
 図を見ると、バイヤーの関心事とメーカーの関心事とに差があるのが分かります。バイヤーは商圏客に対して最も強い関心を示すが、右にいくほど関心が薄れ、銘柄については、どの銘柄が買われようとかまわないという傾向があります。一方、メーカーの最大の関心事は銘柄間の競争です。バイヤーを理解しなければ商談は失敗に終わるのです。

3.生活を基軸にした提案
 メーカーとバイヤーが対等に話し合える領域は「生活者」です。メーカーの最大の武器は、商品の本来価値です。
 バイヤーとの商談のポイントを三つあげます。
  • 商品の使用場面(シーン)、地域特性、ターゲットの生活リズムを考えた売場提案をし、
  • 販売促進・広告・商品の改良・開発についての意見を求めながら
  • 共同作業で最適の顧客づくりシステムを作る
 この仕事は、もはや販売員だけでは不可能なレベルかもしれません。交渉力がカギを握ることになります。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.