日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
アコーディオン理論




1.アコーディオン理論とは
 アコーディオン理論とは、小売の輪の理論や真空地帯理論などと同様、小売業革新の進展を説明する理論仮説です。総合的な広い商品を品揃えする小売業と、専門的な狭い商品を品揃えする小売業とが交互に出現することによって小売業革新が進展するという考え方で、E.ブランドにより提唱され、S.C.ホランダーにより命名されました。
 例えば、一般店→専門店→百貨店→ブティック→ショッピングセンター→コンセプトショップといった流れで発展してきているというものです。扱い品目を増やして総合化していく過程は、ちょうどアコーディオンが広がる様子に、逆に専門化し、扱い品目を絞る過程はアコーディオンを閉じていく様子に似ていることから、このように命名されています。

2.蛇腹の拡縮による強みづくり
 このように「専門化」と「総合化」が循環すると考えると、例えば、総合化したGMSの次に食品に強みを持つ食品スーパーが台頭したことや、ショッピングセンター、メガマートの次にインターネット上の専門店が伸長するのではないかといった業態進展を捉えたり、予測したりする際の視点を持つことが出来ます。但し、当然ながら、循環理論だけで小売業態の進展を説明することはできない点には注意が必要です。1980年代前半にGMSが成長の壁にぶつかった後、DSや専門店の時代が予想され、大手GMS企業では、専門店集積型路線やDS型路線を模索しましたが、そのどちらも結果的には成功していません。
 また、アコーディオン理論からは、総合化し蛇腹を広げ続ける一方では、経営資源が分散し、強みも徐々に弱まってしまうため、外部環境を鑑みながら事業を再構成し、蛇腹を縮めることにより強みを作り出すことの必要性を読み取ることができます。


参照コンテンツ


関連用語


おすすめ新着記事

ビール系飲料(2018年6月版)<br>定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール
ビール系飲料(2018年6月版)
定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール

ビール類の出荷量減少が続いている。2017年は1992年以降で過去最低を更新するなど、厳しい市場環境の中でも各社、個性的な商品を投入してしのぎを削っている。今回の調査では、全項目で「アサヒ スーパードライ」が首位を獲得するなど圧倒的なブランド力を見せつけた。再購入意向では「よなよなエール」も上位に食い込んでいる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>試し飲みされるストロングビール<br>味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
試し飲みされるストロングビール
味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵

2017年のサントリー「頂(いただき)」発売以後、各社が相次いで新製品を投入しているストロング系ビール。今回はストロング系ビールについて、どういった人たちが、どういった理由で、どのようなシーンで飲用しているのか調査した。

冷菓(2018年5月版)<br>SUNAO、ベン&ジェリー、特徴あるアイスがリピート意向上位に
冷菓(2018年5月版)
SUNAO、ベン&ジェリー、特徴あるアイスがリピート意向上位に

6年連続の過去最高が見込まれる冷菓市場。今回の調査でも根強い人気を誇ったのは「ハーゲンダッツ」だった。一方で再購入意向では「SUNAO」「ベン&ジェリーズ」といった特徴ある商品が上位にランクイン。需要最盛期を前に新製品発売も相次いでおり、今後の競争の行方に注目が集まる。






マーケティング用語集

データでわかる辛口性格診断
マーケティングモニターのご案内
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.