日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
NSC(ネイバーフッドショッピングセンター)




NSC(ネイバーフッドショッピングセンター)とは
 食品スーパーを核とし、ドラッグストアやホームセンターなどのテナントを持つ、近隣住宅街などの小商圏をターゲットとしているSC(ショッピングセンター)のことです。この形態を取るSCは、現在では日本のSC全体の半数近くにのぼるといわれています。
 近年、SCはおもに三つの形態に分類されています。NSC以外では、ディスカウントストアを核とするCSC(コミュニティショッピングセンター)や、GMSを核とする大型モールとして展開するRSC(リージョナルショッピングセンター)などがあります。

NSC型出店のメリット
 NSCは駐車場を取り囲むように建物が並び、顧客が目的とする店舗の近くに駐車できるオープンモール形式をとっているため、建物の費用が安く、また、顧客の歩行距離が短く短時間で買い物が出来るというメリットがあります。これは、建物が敷地の中心部に作られ、建物の中にさまざまなテナントが入店しているエンクローズドモールと比較すると明らかです。
 ただし、建物が敷地内に独立して建てられているため、豪雪地域など気候条件が厳しい地域では、オープンモール形式は不向きとされています。

NSC拡大を牽引するイオングループ
 NSCの出店をもっとも進めているのが、イオングループです。核となるSM「マックスバリュ」を中心とした展開を進めており、その数は約300ヶ所といわれております。  近年では、フジ(愛媛県)、ヨークベニマル(福島県)、原信(新潟県)、ヤオコー(埼玉県)も積極的に出店を進めており、イトーヨーカ堂(東京都)も、2005年3月に三井物産と「株式会社モール・エスシー開発」を設立し、NSCやRSCの出店に注力し始めました。
 近年SMやGMSといった業態では既存店売上の不振が続いています。特に独立型店舗の既存店の落ち込みが激しいとみられており、各企業共に出店戦略の見直しが急務となっています。その対策として、既存店をNSCという形態切り替え出店することで、お客さまの利便性を高め、集客力を向上させる取り組みが盛んになっていると考えられます。




おすすめ新着記事

ビール系飲料(2018年6月版)<br>定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール
ビール系飲料(2018年6月版)
定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール

ビール類の出荷量減少が続いている。2017年は1992年以降で過去最低を更新するなど、厳しい市場環境の中でも各社、個性的な商品を投入してしのぎを削っている。今回の調査では、全項目で「アサヒ スーパードライ」が首位を獲得するなど圧倒的なブランド力を見せつけた。再購入意向では「よなよなエール」も上位に食い込んでいる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>試し飲みされるストロングビール<br>味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
試し飲みされるストロングビール
味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵

2017年のサントリー「頂(いただき)」発売以後、各社が相次いで新製品を投入しているストロング系ビール。今回はストロング系ビールについて、どういった人たちが、どういった理由で、どのようなシーンで飲用しているのか調査した。

冷菓(2018年5月版)<br>SUNAO、ベン&ジェリー、特徴あるアイスがリピート意向上位に
冷菓(2018年5月版)
SUNAO、ベン&ジェリー、特徴あるアイスがリピート意向上位に

6年連続の過去最高が見込まれる冷菓市場。今回の調査でも根強い人気を誇ったのは「ハーゲンダッツ」だった。一方で再購入意向では「SUNAO」「ベン&ジェリーズ」といった特徴ある商品が上位にランクイン。需要最盛期を前に新製品発売も相次いでおり、今後の競争の行方に注目が集まる。






マーケティング用語集

データでわかる辛口性格診断
マーケティングモニターのご案内
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.