日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
消費者心理を捉える価格
 一般に企業が製品価格を決めるときは、製造コストなど費用や製品の需要を考慮して決定します。企業側の決定に加え、消費者心理を考慮した価格設定として、「端数価格」「威光価格」「慣習価格」があり、こうした価格は「心理的価格」とも呼ばれます。

1.端数価格
 端数価格とは498円、980円など、500円や1,000円といった切りの良い数字より安いと感じさせることで購入を促す価格のことです。端数価格は日用雑貨や衣料品など幅広い製品分野で用いられています。しかし、端数価格を採用する場合には、価格差分を埋めるだけの売上増加が必要になります。したがって、販売数量の差が埋まらなければ、端数価格を採用しない方が良いということになります。

2.威光価格
 一般に製品価格が高いほど、その需要量は減りますが、逆に「価格が高いから買う」といったケースがあります。設定された価格が消費者に高品質、高級感などの価値を伝えるシグナルとして働いているので、価格を下げると却って需要が減ってしまいます。こうした価格を「威光価格」と呼びます。主な例として貴金属や高級ブランドの服飾品などがあげられます。購入頻度が少なく、品質や効果など製品価値の判断が難しい商品に多く用いられる傾向があります。

3.慣習価格
 いくつかの製品には長期にわたり一定の価格に維持されているものがあります。そうした製品の価格を慣習価格と呼びます。典型例としては、自動販売機の缶ジュースがあり、現在メーカー、種類に関わらず120円に設定されています。1992年までは100円で維持されていましたが、消費者にとっては、「缶ジュースは120円」という認識が根付いています。慣習価格がついている製品は、一度設定されると非常に固定的であり、価格を下げても需要量は大きく伸びず、高くするとほとんど売れなくなってしまいます。そのため、原材料が高騰するなど生産コストが上がっても品質を下げるか、数量を減らすなどの対応をすることになり、あくまで価格を維持する政策が採られます。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.