日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



コンテンツアクセスランキング(2018年3月)
新着コンテンツでは「戦略ケース コーヒーチェーン」が首位!「消費者調査データ コーヒーチェーン」も上位に

2018年3月のアクセストップ20を紹介!何がヒットしているのか、話題になったコンテンツをここから探して是非ご覧ください。
※一部コンテンツは、有料または無料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には会員登録が必要です。ご登録はこちらをご覧ください。

2018年3月のアクセス トップ20!
1
マーケティングFAQ
どうすればブランド力を強化できるか
2
マーケティングFAQ
「需要の価格弾力性」とは
3
戦略ケース
コーヒーチェーン競争の行方 進む異業種とのボーダレス化
4
MNEXT
戦略的思考とは何でしょう? 定番コンテンツ
5
MNEXT 眼のつけどころ
「真実性以後」のネット社会の顧客説得とは?―ユニリーバのネットとの戦い
6
消費者調査データ
コーヒーチェーン(2018年3月版) スターバックス独走に陰りか?ドトールとサードウェーブの追撃
7
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
第93号 時短・省力ニーズで浸透する食品宅配サービス 潜在ユーザー獲得が今後の鍵
8
マーケティングFAQ
商品開発のプロセスと必要なリサーチ
9
戦略ケース
勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争
10
MNEXT 眼のつけどころ
10年で変わった日本人の性格-「様子うかがい」型から「着実無欲」型へ
11
マーケティングFAQ
価格設定の方法
12
戦略ケース
ポケモンビジネスの進化が止まらない―ロイヤリティを高めるファンづくり戦略
13
MNEXT 眼のつけどころ
ブランド・ものづくりビジネスモデルの革新のすすめ方―戦略思考とはどういうものか(組織論篇)
14
マーケティングFAQ
カテゴリーマネジメントとは
15
企画に使えるデータ・事実
成長市場を探せ クラフトビール
16
消費者調査データ
ファーストフードチェーン(2018年3月版) 「冬アイス」ブームも追い風か。好調ハーゲンダッツ
17
消費者調査データ
月例消費レポート 2018年3月号
消費は引き続き堅調な推移をみせている
18
戦略ケース
コスモス薬品 ―業態革新の波を起こし、東部戦線を拡大中
19
戦略ケース
なぜ食品スーパー「ヤオコー」は、27期連続増収を続けられるのか?
20
戦略ケース
費社会白書2018 顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費



おすすめ新着記事

消費者調査データ No.273 カップめん(2018年7月版)<br>カップヌードルが君臨する市場。マルちゃん クッタは定着するか
消費者調査データ No.273 カップめん(2018年7月版)
カップヌードルが君臨する市場。マルちゃん クッタは定着するか

食品分野の中で数少ない成長市場であるカップめん。今回の調査では、圧倒的ブランド力の「カップヌードル」(日清食品)が全項目で首位を獲得。若年層向けの「QTTA」(東洋水産)、シニア向けの「カップヌードルリッチ」など、ターゲット設定を明確にした2ブランドも上位に食い込んだ。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康・美容意識が作るサバ缶ブーム  世代で異なる選好理由
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康・美容意識が作るサバ缶ブーム 世代で異なる選好理由

メディアでも度々紹介され、注目を集めるサバの缶詰。今回の調査では、誰がどのような目的で買っているのかという以外にも、調理スキルの高い層でアレンジメニューの幅が広がっていることがわかった。一方で調理スキルには世代差がみられ、スキルの低い人にどうアプローチしていくかが、今後の市場拡大の鍵といえる。

消費者調査データ 炭酸飲料(2018年6月版)<br>無糖炭酸水がリピート意向上位に
消費者調査データ 炭酸飲料(2018年6月版)
無糖炭酸水がリピート意向上位に

2017年の炭酸飲料の生産量は、過去最高を記録した。今回の調査では、「コカ・コーラ」が再購入意向をのぞく6項目で首位を獲得、ブランドの強さを見せつけた。一方でユーザーロイヤリティの指標である再購入意向では、「トップバリュ炭酸水」「ウィルキンソン タンサン」をはじめとした無糖炭酸水が上位にランクイン。健康志向を背景に飲用シーンも広がってきている。






マーケティング用語集

データでわかる辛口性格診断
マーケティングモニターのご案内
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.