保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

ポケット版・会社早わかり
株式会社オリエンタルランド(2014年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
オリエンタルランドの2014年3月期決算の総括と戦略計画

 オリエンタルランドの2014年3月期の連結決算は、売上高4,736億円(前期比19.7%増)、営業利益1,145億円(同40.5%増)、経常利益1,127億円(同39.3%増)と増収増益で、いずれも過去最高を達成した。売上高、利益ともに80%以上を占めるテーマパーク事業では、開園30周年を迎えた東京ディズニーリゾートで"ハピネス"をテーマに様々なイベントを開催した。二つのテーマパークで2013年4月15日からの340日間「東京ディズニーリゾート30周年"ザ・ハピネス・イヤー"」を実施、新しい昼のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」や新アトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」をオープンした。この結果、テーマパーク入園者数は3,130万人(前期比13.8%増)と初めて3,000万人を超えた。しかし、15年3月期予想はこのアニバーサリーイヤーの反動や消費税増税における価格改定によって、減収減益を見込んでいる。今後10年間でテーマパークへの5,000億円の投資や、ブライトンコーポレーションの買収などを通じて事業の一極集中から脱却することを目指し、新たな成長ステージへ飛躍を図る。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.