日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
積水化学工業株式会社(2015年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
積水化学工業の2015年3月期決算の総括と戦略計画

 積水化学工業の2015年3月期の連結決算は売上高1兆1,127億円(前年比0.2%増)、営業利益は858億円(同3.9%増)と、5期連続の増収増益となった。高機能プラスチックスカンパニーが海外を中心とした旺盛な需要を受けて好調に推移し、全社の業績を牽引した。売上高については国内の住宅・建築分野の需要が消費税増税の影響を受けて低迷し、新築住宅や管材などの事業が苦戦したが、為替環境を背景に海外を中心とした高機能プラスチックスカンパニーの戦略4分野が伸長し、前期並みを確保した。営業利益については高付加価値製品へのシフトが進むとともにコスト削減の取り組みが寄与し、さらに減価償却方法の変更影響もあり、営業増益となった。中期経営計画「SHINKA!-Advance 2016」の初年度となる2014年度は、住宅生産工場の魅力化推進、管材などの汎用品の効率化、アジアでの事業展開拡大に向けた高機能品の生産体制確立など成長に向けた取り組みが進捗した。2年目の2015年度は、「変革」「協創」「『際立ち』の現地化」を加速させることにより、収益力の強化を図り、過去最高益の更新を狙う。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.