日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(2014年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
MS&ADインシュアランスグループホールディングスの2014年3月期決算の総括と戦略計画

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスの2014年3月期連結決算は、経常収益4兆3,627億円(前年度比1.1%増)、経常利益1,902億円(前年比26.6%増)と、MS&ADグループ発足以来の最高益を達成した。元受正味保険料は前期比+6.3%で3兆円を突破した。2月の大雪の影響で、損保事業の経常利益に▲678億円の影響があったものの、それを除けば、今期はタイ洪水のような大災害が少なく、国内損保事業の引き受け利益が前期比+347億円と大きく改善したことが貢献した。また、成長分野である国内生保、海外事業でも、それぞれ前期比+100億円を超える増益となった。ただし、3メガ損保が軒並み最高益を達成した今期の業績は、経営統合によるシナジーが現れた結果とは言いにくい。また、割安なネット損保の拡大や国内市場の縮小など、経営を取り巻く厳しい環境は変わっていない。統合による果実が得られるのは、次期中計で掲げる「機能別再編」(傘下各社の強みを持つ商品分野に契約や受け皿を一元化)が実効性を持ったときであり、その成否が問われている。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.