日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
株式会社ドトール・日レスホールディングス(2014年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
ドトール・日レスホールディングスの2014年2月期決算の総括と戦略計画

 ドトール・日レスホールディングスの2014年2月期の連結決算は、売上高1,135億円(前期比105.3%)、営業利益85億円(同117.7%)と増収増益であった。2期連続の増収増益となるが、積極的な新メニュー開発や新規業態の立ち上げ、グループ全体で32店の業態変更をしたほか、業務の効率化を推進するとともに、ブランド価値の向上を目指した改装を推進するなど、事業基盤の強化に努め、既存店が好調であった。コンビニコーヒーなど異業種参入で競争が厳しいコーヒー市場において、ドトールの改装と星乃珈琲店の拡大が奏功した。またコンビニ向けチルド飲料など一般卸も売上大幅増と、経営統合以降推進してきた施策が実を結びつつある。2015年2月期は、既存事業の安定成長を目指し、新商品の開発を含めた商品力アップや新規出店強化、新業態開発のほか、改装を含めたブランド価値の再構築を通じて、業容の拡大を図る。また、グループ力を高め、ノウハウを共有化することで、事業会社間の融合をさらに進化させることにより収益シナジーを創出し、事業拡大を図る。更に、海外展開の拡大やM&Aなどの機会を逃さず、積極的に取組み、グループ全体の企業価値増大を図っていく。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.