日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
株式会社すかいらーく(2014年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
すかいらーくの2013年12月期決算の総括と戦略計画

 すかいらーくの2013年12月連結決算は、売上高3,325億円(前年比0.8%増)、営業利益226億円(同30.1%増)と、売上高は微増ながら増収増益となった。2008年から2013年までは、経営改革を最優先の目標に掲げ、不採算店舗の閉店・転換、店舗オペレーションの効率化で経営基盤の盤石化を図ったため、12年度は店舗数の減少とともに売上高は落ちたが、営業利益は上昇した。具体的には創業から続くブランド「すかいらーく」を廃止、ガストの多種店舗展開で施策を打った。12年度は子会社化していたジョナサンを吸収・合併し、事業拡大を図った。また、同年グループ店舗全体でクレジットカード・電子マネーの取り扱い開始、ジョナサンでのTポイントサービス、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の導入と顧客ニーズへの対応を図った。また、13年に元マクドナルドコーポレーションの社長兼最高業務執行責任者(COO)のラルフ・アルバレス氏が代表取締役会長に就任し、グローバル戦略構築を含め、更なる成長を通じた一層の企業価値の向上を図っている。
経営改革を終え、2014年10月に株式市場に再上場した。同時に「2014-2016中期事業計画」が発表された。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.