日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
株式会社サイゼリヤ(2014年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
サイゼリヤの2013年8月期決算の総括と戦略計画

 サイゼリヤの2013年8月期の連結決算は、売上高1,104億円(前期比105.9%)、営業利益75億円(同76.4%)と増収減益であった。国内外での積極的な新規出店、海外における既存店売上が堅調であったため21期連続増収となったが、大幅な減益となった。3期連続減益となり、営業利益率はピークの10年8月期には14.4%だったが、13年8月期は6.8%と半分以下までに低下した。原因は円安による輸入価格の高騰や原材料価格の高騰、国内の胃袋競争における全店500円ランチ導入などが収益を圧迫している。2014年8月期も、第3四半期時点(2014年7月15日発表)では、通期での増収減益が予測されている。エビ、鶏肉、チーズなど主要な食材の仕入れ単価が円安効果などで上昇を続けている。景気低迷期においては、その圧倒的なコスト競争力により「ファミレス業界で独り勝ち」と言われてきたが、景気回復局面において、同社の強みであった低価格路線が転換期を迎えている。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.