日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
株式会社くらコーポレーション(2017年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
くらコーポレーションの2016年10月期決算の総括と戦略計画

 くらコーポレーションの2016年10月期の連結決算は、売上高1, 136億円(前年同期比7.9%増)、営業利益65億円(同11.1%増)、経常利益68億円(同6.2%増)と、5期連続での増収増益となった。「すしやのシャリカレー」シリーズ第2弾のほか、「シャリカレーうどん」、「シャリカレーパン」、「シャリコーラ」などオリジナリティあふれる新商品を販売。また、2015年に始めた「天然魚プロジェクト」に関連して、新たに天然魚加工工場「貝塚センター」の運用を開始、グループ初となる鮮魚店「くら天然魚市場」をオープンするなど、天然魚へのこだわりを見せた。販売促進に関しては、人気寿司ネタ「ふぐ」「かに」「サーモン」「熟成まぐろ」の極上ネタを提供するフェアを開催し、子供向け番組とのタイアップも行った。その結果、既存店売上高は前年同期比101.6%となり、4年連続で100%を超え好調に推移した。米国では、テキサス州に初進出し、店舗数は11店舗となった。次期は売上高1,190億円(同4.7%増)、営業利益65億円(同0.3%増)と、最高売上、最高益の更新を目指している。回転寿司業界にとらわれない商品展開やユニークなサービスで差別化を図ってきた同社が今後、どのような施策で差別化を図るか注目される。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.