日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
株式会社 成城石井(2013年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
成城石井の2011年12月期決算の総括と戦略計画

 成城石井の2011年度の売上高は、487億円で前年比104.9%と増収であった。11年5月に親会社のレックス・ホールディングスが、三菱商事系のファンド会社「丸の内キャピタル」設立の新会社に成城石井の全事業を譲渡した。それにより、ファンドのネットワークを生かし、新規物件開発や卸事業における物流網の効率化などの効果が期待できることとなった。また、元々掲げている年10店舗前後という出店戦略は変更せず、13年4月23日時点で103店と、成城石井の急成長の理由のひとつとなっている。出店場所は、97年の「アトレ恵比寿店」のエキナカ出店を皮切りに、駅ビル、デパ地下、ショッピングセンター、高速道路サービスエリア、コンビニ跡地などと多岐にわたっており強みとなっている。成城石井のもうひとつの強みが「商品力」である。12年4月には神奈川県高座郡寒川町に新物流センターが稼働。これまで3ヶ所に分かれていた物流倉庫を、1ヶ所に集約することにより、店舗への配送を効率化。また、新センターには最高レベルの定温定湿倉庫を併設し、24時間管理している。スーパーマーケット市場の低迷により、単身者向けの小型店やシニア向け店舗など、新たなアイデアで各社しのぎを削る中、既存店の生産性向上と今後の出店の行方が注目される。

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.