日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
株式会社コメリ(2015年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
コメリの2015年3月期決算の総括と戦略計画

 コメリの2015年3月期連結決算は、売上高3,169億円(前年同期比5.5%減)、営業利益161億円(同20.4%減)と減収減益となった。売上高の98%を占めるホームセンター事業は、前年の消費税増税の影響及び駆け込み需要の反動により、日用消耗品を中心とした家庭用品、肥料・農薬等の農業用品、リフォーム工事や住宅設備機器等の販売が苦戦し、すべての商品別の売上高が前年を下回る結果となった。しかし、北海道への進出の一歩となる苫小牧店、砂川店は順調な立ち上げとなり、今後も北海道の本格進出を継続的に進める。連結子会社が発行するコメリカードの会員数も100万人を突破し、新たにプリペイド式のカードも発行した。次期の業績は、売上高3,280億円(前年同期比3.5%増)営業利益175億円(同8.6%増)を目指しており、インターネットによる情報提供や商品販売、カードによる顧客の育成及び囲い込みなど、より高度なシステムの構築と広範な情報基盤の確立がこれからの成長のカギとなる。

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.