保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

ポケット版・会社早わかり
株式会社ケーズホールディングス(2015年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
ケーズホールディングスの2015年3月期決算の総括と戦略計画

 ケーズホールディングスの2015年3月期の連結決算は、売上高が6,372億円(前年同期比9.1%減)、営業利益が185億円(同21.6%減)と減収減益であった。消費税増税前の駆け込み需要の反動減、実質賃金の低下等による消費マインドの低下、夏場の天候不順が影響し冷蔵庫やエアコン等の売り上げが前年を下回り、WindowsXPのサポート終了を前にしたパソコンの駆け込み需要の反動減やスマートフォンの販売数量減少による携帯電話の減少が影響し情報商品も前年を下回ったため、売上高は減少した。出店退店状況をみると、直営33店を開設、11店を閉鎖し、店舗網の強化・経営の効率化を図った。今後は、国内景気の持ち直しに伴う映像商品、省エネ性能の高い商品や、安心・安全・健康をキーワードとした高付加価値商品の買い替え需要が期待できる環境の中で、お客様に伝わる「本当の親切」の実行を徹底し、従来にも増して支持される店作りを行うとともに、健全かつ安定した財務体制を維持しながら店舗展開を推進し、併せて顧客満足度と株主の価値の向上ができるかが課題となる。また、人気キャラクター「ちびまるこちゃん」を起用したテレビコマーシャルや折り込みチラシ等様々な媒体によるブランドの認知度の向上も課題となる。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.