日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
ソニー株式会社(2016年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
ソニーの2016年3月期決算の総括と戦略計画

 ソニーの2016年3月期連結決算は売上高が8兆1,057億円(前年度比1.3%減)、営業利益が2,942億円(同329.5%増)と、売上は微減ながら大幅増益となった。売上高については「プレイステーション4」のソフトウエアが大幅な増収となったゲーム&ネットワークサービス(G&NS)分野や、円安の影響があった音楽分野において増収となったが、スマートフォンの販売台数減に伴うモバイル・コミュニケーション(MC)分野の大幅な減収などにより、前年度割れとなった。営業利益の大幅増益は、前年度に営業権の減損1,760億円を計上していたMC分野をはじめ、その他、G&NS、イメージング・プロダクツ&ソリューション、音楽、ホームエンタテインメント&サウンドの各分野での大幅改善などによる。「利益創出と成長への投資」をテーマとする第二次中期経営計画(2015~2017年度)の2年目となる2016年度は、2015年度と同水準の3,000億円の営業利益を、最終年度の2017年度にはROE10%、営業利益5,000億円以上を目指す。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.