日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
エスティローダー(Estee Lauder)株式会社(2011年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
エスティローダーの2014年3月期決算の総括と戦略計画

 エスティローダーの2010年度の売上高は77.9億ドル(前年比106.4%)、営業利益7.8億ドル(同188.6%)と増収増益を達成。09年度の業績悪化からV字回復を果たした。売上高、営業利益共に全てのエリアで伸張しており、業績悪化前の08年度と比較すると、売上高はアジア・パシフィック地域、営業利益はヨーロッパ・中東地域、アジア・パシフィック地域で伸張した。不況による業績不振から新規顧客獲得は困難とし、10年は既存顧客とのつながりの強化を目指した。ブランドロイヤリティや顧客のライフスタイルなどを分析し顧客理解を深めることで、百貨店における顧客来店が促進され、売上回復につながった。ブランド別では、エスティローダーとクリニークにおいて、強みであるスキンケアカテゴリを強化。エスティローダーでは既存商品「アドバンストナイトリペア」で広告展開を行い、クリニークではアンチエイジング系の新商品「ダーマホワイト」「レーザーフォーカス」から美容液を発売した。11年はエスティローダーで大型店舗リニューアルを、クリニークでは新製品を投入するほか、春にはマーケティング投資拡大の予定で見通しは明るい。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.