日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
富士フイルムホールディングス株式会社(2014年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
富士フイルムホールディングスの2014年3月期決算の総括と戦略計画

 富士フイルムホールディングスの2014年3月期の連結決算は、メディカルシステムやドキュメントが好調だったことにより、売上高2兆4,400億円(前期比10.2%増)、営業利益1,408億円(同23.4%増)と増収増益となった。セグメント別にみると、イメージングソリューションではインスタントカメラや付加価値プリントサービスが好調、需要減少が続くデジタルカメラ事業では、高級機種へのシフトを進めた。スマートフォン用カメラモジュールの販売が増加したこともあり、営業利益は黒字化した。インフォメーションソリューションではメディカルシステムをはじめとするヘルスケア等が好調だったが、フラットパネルディスプレイ材料は需要低迷により減収、特許売却などの影響もあり営業利益は横ばいだった。ドキュメントソリューションでは世界全地域において販売が堅調に推移、増益に貢献した。 特にグローバルサービスが大きく伸び、M&Aの効果が出ている。14年度は引き続き成長が見込まれる「ヘルスケア」「高機能材料」「ドキュメント」に経営資源を集中、新コーポレートスローガンに「Value from Innovation」を掲げ、さらなる革新に向けて開発を進める。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.