日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


ポケット版・会社早わかり
Eastman Kodak Company(2008年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
Eastman Kodak Companyの2007年12月期決算の総括と戦略計画

 米イーストマン・コダックの2007年12月期決算は、売上高前年比2.5%減、税引き前利益は同13.0%増となった。改善はしているものの、営業利益は4年連続で赤字であり、株価の下落に拍車をかけている。業績改善のため、同社はスリム化を進め、デジタル分野への資本の集中的投入(2001年度より)と更なる人員削減を敢行。現在では従業員は最盛期の7分の1にまで減少している。しかし世界的不景気の影響もあり、2008年はデジタル機器も低迷し、新興国開拓も難航。同社は2010年度には景気が回復すると睨み、成長ポテンシャルの高い3分野(一般向けインクジェット事業・法人向けインクジェット事業・法人向けソリューション事業)に研究開発の集中を決め、さらにBOWE BELL + HOWELL社のスキャナ部門の買収を行った。中期的な視野に立った縮小均衡期に入ったと見ることができる。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.