保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

ポケット版・会社早わかり
プリマハム株式会社(2014年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
プリマハムの2014年3月期決算の総括と戦略計画

 プリマハムの2013年度の業績は、売上3,036億円(前期比10.1%増)、営業利益88億円(同24.1%増)と大幅な増収増益を果たした。加工食品事業は、前期比3%象、営業利益21%象と増益に大きく寄与した。「香燻あらびきウインナー」をはじめとする重点商品を中心とした販売活動と同時に商品規格数の削減と工場の生産性向上によりコスト削減効果が大きい。またCVSを中心にPB対応、CVSベンダー事業での伸長により利益貢献した。食肉事業は「ハーブ三元豚」などオリジナルブランドの拡販により、売上は前期比27%増と伸ばしたが、食肉相場の高止まり等原価上昇により利益は9.6%減となった。2015年3月期は、ハム・ソーセージ重点化、低コスト体質化に引き続き取組み、CVS対応強化などにより増収を見込むが、原料価格の高騰、新工場稼働の初期費用などにより減益と予想している。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.