保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

ポケット版・会社早わかり
エスビー食品株式会社(2010年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
エスビー食品の2010年3月期決算の総括と戦略計画

 エスビー食品の2010年度3月期の連結決算は売上高は前期比15億6,700万円増の1,244億7,400万円(前期比101.3%)、営業利益は前期比6億5,100万円増の49億5,600万円(前期比115.1%)、経常利益は前期比9,800万円増の39億2,500万円(前期比102.6%)、と増収増益であった。スパイス&ハーブでは、主力ブランドの「SPICE & HERB」シリーズをはじめとする洋風スパイス、業務用香辛料製品が好調に推移、発売60周年を迎えるロングセラー製品の「赤缶カレー粉」などの純カレー製品が売上に寄与した。即席では「カレーハーフゴールデンカレー」などの「ハーフ」シリーズをリニューアル、素材をテーマに専用のカレーメニューを提案した「素材別カレー」などの新製品を投入したが、減収となった。香辛調味料では、「本生」シリーズをはじめとするチューブ製品が堅調に推移し、ラー油製品や李錦記ブランドの中華調味料なども貢献、売上高を大きく伸ばした。レトルトカレーは主力製品の「なっとくのカレー」「100kcal」シリーズ」、パスタソースは、「予約でいっぱいの店」シリーズが引き続き順調に推移、新たにFAUCHONブランドの紅茶とハーブティーの発売を開始し、インスタント食品その他も増収となった。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.