日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

アパレル業(洋服)の価格設定はどうなっているのでしょうか?(アパレルメーカー、29歳)




 基本的には粗利は40~50%を見込み、コストオン方式で価格設定するのが、一般的なアパレルの価格設定です(プレステージ系除く)。
 おおよそ以下のような式が成り立ちます。

  • 売値≧(原材料費+付属代+工賃)×3

 SPA(製造小売業)の典型であるユニクロも同じで、現にピーク時の営業利益 率は24%で今でも13%です(2003年7月時点)。「連続○ヶ月前年比マイナス」など厳しい業績が伝えられますが、一般的に好調と言われる企業よりも高い営業利益率を記  録しているのはこういう価格設定がなされているからです。
 なぜ粗利率を高く設定するかは売れ残りの在庫リスクを考慮してのものです。
 赤字覚悟のバーゲン用と考えても、トータルでは十分な利益となるので、「在庫するよりはまし」ということです。




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.