日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

第11回 ネクスト戦略ワークショップ
市場溶解期の再成長マーケティング
顧客接点のメルティング(溶解)とアイデンティティ消費
2017年11月1日(水)13時~

 はじめに  プログラム  開催要項  お申し込み

前回(2016年10月)の開催要項と講演録はこちら



10月20日までにお申込みをいただくと、冊子「眼のつけどころ」をプレゼントいたします。当社代表取締役社長 松田久一による人気コンテンツの6月~10月分までを、お手元で活用しやすい冊子にまとめました。この機会に是非お申込みを!
※冊子「眼のつけどころ」はワークショップ当日にお渡しします。

市場溶解期の再成長のマーケティング

 今年で15年目となる「消費社会白書」2018年版の発刊に先立って、変わる消費者と購買行動を紹介し、マーケティングアプローチを提案するワークショップを11月1日に開催します。


■「消費社会白書2018」

 生活者と供給者の出会いの「場」、顧客接点が「溶解」しています。「消費社会白書2018」で明らかになったことです。
 消費を牽引しているのは、「20代女子」「子育て・共働き層」「60代高資産層」の三層です。
 買い物行動では、欲求の対象が情報かモノかが不可分になって、ネット情報検索と購入先の区別がなくなっています。売り手と買い手の間の壁もなくなっています。また、ネット専業企業がリアル店舗を展開して、ネットとリアルの壁がなくなろうとしています。コンビニと食品スーパーの品揃えの差がなくなり、業態間競争の覇者は見えなくなっています。

 市場溶解期のマーケティングはどうあるべきか。
 最新の消費社会研究の成果を報告し、これまでの4Pマーケティングとは異なる再成長のマーケティングを提案します。


「消費社会白書2018」発刊に寄せて

 今回の「消費社会白書」のポイントをご紹介しています。ぜひご覧ください。

最新版「消費社会白書2018」
―顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費のポイント(MNEXT)




予定プログラム
提案
13:00~13:40
(40分)

市場溶解期の再成長戦略
「4Pマーケティング」から「4Mビジネスモデル」へ
代表取締役社長 松田久一
ポイント
  1. 4Pの売り方の前提の崩壊
  2. 4Mビジネスモデルへの変革
報告1
13:40~14:20
(40分)

2018年 生活者をどう捉えるか
ポイント
  1. 「昭和的価値意識」の転換とアイデンティティ志向の高まり
  2. 消費を牽引する3層とその背景
  3. 伸びる消費財と縮む消費財の明暗
  4. すすむ「ひとり最適化」の食生活―生存欲求から自己実現欲求の対象へ
報告2
14:20~15:00
(40分)

2018年 メルティングする購買行動と業態の興亡
-ピンボールモデルによる分析
ポイント
  1. ネットの浸透による買い物行動のメルティング
  2. コンビニは都市型重層商圏の覇者になるか
  3. 業態垣根の喪失による伸びる業態と縮む業態
休憩
15:00~15:10
(10分)

事例
15:10~15:55
(45分)
メルティング時代の新しい顧客接点
ポイント
  1. アマゾンのリアルリテール戦略―食品スーパー買収
  2. ネスレグローバルに学ぶブランドのロングセラー化
  3. GEに学ぶビジネスモデル変革
検討
15:55~16:25
(30分)
フォーカスディスカッション
※プログラムおよび登壇者は10月6日現在のもので、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。





開催要項

  日時 : 2017年11月1日(水) 13:00~16:25

  会場 : JMR生活総合研究所 会議室(パレスサイドビル2F)
      東京メトロ東西線竹橋駅直結(詳しいアクセス方法はこちら


  参加費:・有料会員 30,000円
      ・無料会員 35,000円
      ・一般(非会員) 40,000円
       (ともに税込み 。「消費社会白書2018」書籍代含む)

  定 員 : 35名(ご応募多数の場合は先着順とさせていただきます)





お申し込み

 毎年ご好評をいただいております。お申し込みは以下よりお早めに!

※調査会社、シンクタンク、コンサルティング、広告代理店、学生の皆様には、
 ご参加をお断りさせて頂いております。何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます



会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.