日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net




目のつけどころの違う事実とマーケティングの提案
 2003年から毎年発刊しております「消費社会白書2016年版」がまとまりました。 この結果を会員の皆様にいち早くお届けすべく「ワークショップ」を開催させて頂きます。
 世界経済の先行き不透明感が増し、日本経済も不確実性を増してきました。特に、経済の動向の鍵を握る消費の動きをどう捉えていくかは、戦略経営やマーケティングの革新や年間計画の立案には不可欠です。

 今回の白書では、

 「シングル社会への価値転換と張り合い消費」の時代

と捉えました。

 価値観の変化と少子高齢化の行き着く先は、「シングル社会」です。世帯ベースでは、単身世帯と子供のいない夫婦ふたり世帯が半数を超えています。どうしてシングル社会への転換が進むのか。その要因を価値観と人口減少との悪循環から分析します。

 ワークショップでは、仮説をもとにした鮮度の高いデータ、解釈、理論と事例を中心に、できるだけみなさんの具体的な施策立案に役立つ提案をします。およそ3時間で、新しいマーケティングの目のつけどころとヒントを得て頂けると確信します。

 プログラム  開催要項  お申し込み



プログラム
13:00~13:45
(45分)

 Next Market 2016
 シングル社会化と張り合い消費
代表取締役社長 松田久一
ポイント
  • シングル社会の価値意識とは
  • なぜシングル社会への転換が起こるのか-少子高齢化の悪循環
  • 強まる階層意識とライフコースの多岐化
  • 階層間の張り合い消費による牽引と消費増税
Session 1
13:45~14:30
(45分)

 Next Lifestyle 2016
 シングル社会の生活スタイル
消費研究チーム代表
ポイント
  • 結婚より気楽なシングル生活-ネットワーク個人へ
  • 気楽なひとりメシとイエ食
  • 地方戸建てから東京高層マンションへの願望へ
  • 低下する車の移動価値と高まるクルマの新しい価値
  • 顧客の新しいセグメントと市場再浸透策
休憩
14:30~14:40
(10分)

Session 2
14:40~15:30
(50分)
 Next Marketing 2016
 バーティカルマーケティングへの革新
事例研究チーム代表
ポイント
  • マルチブランド戦略から垂直ブランド戦略へ
    事例.G-SHOCKなど
  • 価格ミックスによる価格差別化戦略
    事例.カルビーなど
  • 実体験づくりを通じた生活浸透プロモーション
    事例.ヤオコーのミールソリューションなど
  • リアル店舗とネット補完による顧客接点の再構築
    事例.アマゾンの実店舗展開など
Discussion
15:30~16:00
(30分)
 質疑応答と問題解決のためのフリーディスカッション
ファシリテーター
※プログラムおよび登壇者は11月17日現在のもので、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。


開催要項

  日時 : 2015年11月26日(木) 13:00~16:00

  会場 : JMR生活総合研究所 会議室(パレスサイドビル2F)
      東京メトロ東西線竹橋駅下車直結(詳しいアクセス方法はこちら


  参加費:・有料会員 30,000円
      ・一般 35,000円
       (ともに税込み 。「消費社会白書2016」書籍代含む)
         有料会員 30,000円
       ・一般 35,000円
       (ともに税込み 。   

  定 員 : 各日30名(ご応募多数の場合は先着順とさせていただきます)


お申し込み

本ワークショップのお申し込みは締め切りました。お申込みいただきまして、ありがとうございました。




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.