日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2016.02)
地域インフラとしての駅
地域の盛衰を左右する「鉄道」と「駅」
―見直される地域インフラとしての価値
主任研究員 菅野 守



 少子高齢化と過疎化が進むなかで、地方の「鉄道」と「駅」は存亡の危機にある。地域内での輸送人員の低下は、鉄道路線の廃止とバスへの転換を促すが、地域住民からの鉄道存続の要望は根強い。本稿では、地域インフラとしての「鉄道」と「駅」の価値について考察する。


際立つ鉄道インフラの地域格差

 鉄道インフラの地域間での格差は際立っている。

 運輸政策研究機構公表の『地域交通年報』(平成24・25年度)をもとに、以下では、都道府県別に、面積当たり営業キロや面積当たり駅数などの、地域内での鉄道インフラの密度の大小に着目する

 面積当たり営業キロの上位10県には、大都市圏に属する都府県があがる。面積当たり営業キロの上位10県中、山口県を除く9都府県は、面積当たり駅数でも上位10県に入る。面積当たり営業キロの下位10県の中には、九州・沖縄が3県、東北が2県含まれる。面積当たり営業キロの下位10県中、面積当たり駅数でも下位10県に入るのは、沖縄県、北海道、宮崎県、鹿児島県、秋田県、山形県の6道県である。

 面積当たり鉄道営業キロと面積当たり駅数で見た地域格差には、鉄道インフラの過密と過疎が色濃く反映される。鉄道インフラが過疎な地域ほど、鉄道の利便性は低くなると予想されるだろう。その影響は、鉄道利用者数に現れる可能性が考えられる。


 本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの先行公開となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.