日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.07)
経済指標速報
2012年7月24日(火)
主任研究員 菅野 守



【百貨店売上】
 百貨店売上は2012年に入り、百貨店ならではの分野を中心に回復。特に東北と関東での好調ぶりが目立っていたが、ここ数ヶ月は息切れの気配。

1.概況:2012年に入り順調な回復を続けてきたが、
最近2~3ヶ月は下降トレンドへ転換の気配
図表1.全国百貨店 売上高総額の
前年同月比伸び率の推移
 2012年7月19日に日本百貨店協会が公表した「全国百貨店売上高概況」(平成24年6月分速報)によると、調査対象百貨店86社・249店における2012年6月の売上高総額は4,829億9,117億円、2011年6月に対する前年同月比伸び率は、店舗数調整前で98.0%、店舗数調整後でも98.8%となっており、2ヶ月連続でマイナスとなっている。
 2008年1月以降の、売上高総額の前年同月比伸び率の推移をみると、2008年から2010年までの3年間は、2008年2月と2010年10月の2ヶ月間を除き、伸び率はほぼ一貫してマイナスとなっていた。2012年2月に一時プラスとなるも、東日本大震災の起きた2011年3月には前年同月比で85.3%と、ここ3~4年では例をみない大幅な落ち込みとなった。2011年6月にプラスとなるも、その後はマイナスで推移してきたが、2011年12月頃以降は、プラスとなる月が目立つとともに、マイナスでもゼロ近傍で推移している。近似曲線をもとに前年同月比伸び率のトレンドをみると、2009年4月前後を底に、伸び率は下降トレンドから上昇トレンドに転じ、2010年8月から2011年4月頃にかけては横ばいで推移するも、その後は上昇傾向を続け、2011年11月頃より近似曲線は100を上回る状況となっている。原数値で大幅な伸びとなった2012年3月を境に、伸び率は再び上昇トレンドから下降トレンドに転じているが、トレンドラインの水準自体は100を割るか割らないかのギリギリのところで持ちこたえている格好だ(図表1)。
 大震災以降、百貨店売上高は緩やかな回復基調の下、2011年末から2012年初にかけてプラスに復帰し、その後も順調な回復を続けてきたが、最近2~3ヶ月は伸び率が失速し下降トレンドへの転換も示唆されている。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.